本文へスキップ

 患者中心の医療と、尊厳ある生き方のために 

支部の紹介profile

日本統合医療学会(Integrative Medicine Japan;IMJ) 東北支部

組織・役員

役職 名前 その他
支部長 仁田 新一 日本統合医療学会 副理事長
東北大学 名誉教授
 副支部長   関  隆志 東北大学東北大学病院臨床研究部門漢方内科研究室
医学博士
   (後日、任命して報告します) 
顧 問 (後日、任命して報告します) 
監 査 関田 康慶 東北大学大学院経済学研究科
医療福祉講座 医療福祉システム分野教授
事務局長 飯塚 正広 イートス株式会社

東北支部について

 日本統合医療学会(Integrative Medicine Japan:IMJ)東北支部会の設立に際し、一言ご挨拶を申し上げます。

 科学的エビデンスに基づいた西洋医学は、医療の完結型、つまり疾患の発現から対症療法ならびに疾患の原因の除去の完成をめざした医療であり、人類への貢献は著しいものがあります。しかしながら、1990年代以降、西洋医学の限界を超えた難治性疾患、とくに癌の末期などに対し、西洋医学以外の伝統医療ならびに鍼灸・漢方などの代替医療と言われる分野が国家的支援を受けながら新しい治療の方向として熱い注目を集めつつあります。

 IMJは西洋医学とそれ以外の医学を融合させ、それぞれの長所を取り入れた新しい医学を人類に提供する目的で生まれたものです。この度、これらの新しい取り組みを東北地方のオリジナルな人的・学術的資源を活用して日本並びに世界に展開することを目的に、このIMJ東北支部会が設立されました。会員は、西洋医学はもとより、鍼灸、漢方を含んだ東洋医学全般、アロマテラピー、音楽療法、ヨガ、健康食品など多岐にわたって構成されています。とくに、東北大学は科学的評価法開発の世界的メッカとして知られており、IMJ東北支部から世界に向けて統合医療の研究成果を発信し、人類への貢献を期しております。


                                                               支部長 仁田 新一

東北支部事務局

〒980-0014
仙台市青葉区本町1−12−12
イートス株式会社 内 飯塚宛

TEL : 022-212-3063
FAX : 022-215-2625
e-mail : jimukyoku@imj-tohoku.info

Photo.htmlへのリンク